北海道Tour18#10
2018/8/18(土)大村→大村-6

幾寅から北落合中央経由で北落合680m地点へ 赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路

大村→上富良野 (以上#10-1)
→本幸 (以上#10-2)
→麓郷 (以上#10-3)
→西達布 (以上#10-4)
→北落合中央
(以上#10-5)
→北落合680m地点
(以下#10-7) →幾寅 100km ルートラボ
(以下#10-8) →大村(輪行)

夏晴れの680m地点 PENTAX K-1 MarkII HD PENTAX-D FA15-30mm1:2.8ED SDM WR

北落合到着 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
 
北海道Tour18#10 2018/8/18(土) 大村→幾寅 北海道空知郡南富良野町北落合中央 農免農道落合線 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 道は谷底から丘へ乗り上げ、開けた畑の中へ。1本道の正面には林と元小中学校の集会場がある北落合中央、周囲には見渡す緩やかな丘、畑に立つ1本の樹、防風林、遠くに狩勝の山々。エゾゼミとキリギリスの声が今日もやかましい。畑から農道の路上に、泥の付いた車輪の跡がカーブしている。

田舎道はそろそろお昼前 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
  ちょっと畑の道へ寄り道 PENTAX K-1 MarkII smc PENTAX-FA31mm1:1.8AL Limited

 再び太陽の廻りから雲が消えていた。ほぼ真上からの日差しで北落合全体のコントラストが高く、彩度色相とも濃厚で落ちついて安定し、どこを見ても絵になる。日差しは厳しいものの今日は風が涼しい。雲の動きは速く高さもやや低く、もくもくと元気そうだが、今日の雲は真っ白で、真っ青な空の中をただ通り過ぎてゆくだけだ。雲の速さと低さに、なんだかんだでもう標高は500mを越えているということを思い出す。

折り重なる丘を望遠つまみ食い PENTAX K-1 MarkII HD PENTAX-D FA★70-200mm1:2.8ED DC AW
北落合にはソバ畑も多い RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 11:15、北落合中央着。11時台ともなると、さすがにそろそろ腹が減っている。今日は前回より45分早着で進行しているから、いろいろな場所で相当うだうだしても、幾寅のなんぷ亭で落ちついてなんぷカレーを食べることができるだろう。体調次第では、もしかしたら2杯食べることができるかもしれない。ならば、カレー2杯に向けて、着々と腹を空かしておかねばならない。そして今、一番時間を過ごすべき場所は、北落合最高地点の680m地点である。

 標高が高くて開けていて、雲が速いだけあって風は強い。途中、カラマツ防風林の向こうの牧草地へ立ち寄るのを楽しみにしていた。防風林の中短いダートの向こうに牧草地が拡がり、牛糞を避けて自転車を停めるのも楽しみだったその場所には、昨年無かったフェンスが設けられていて、今日はそのフェンスが閉まっていた。

道端の人参畑 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
ジャガイモ畑 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
 

 最後は680m地点まで一直線の直登区間。農免農道が北向きとなり、強い風がもろに向かい風となった。向かい風もさることながら、開けた畑の中なので登り斜度が視覚的にわかりにくいのは毎度の事。どうせ登りで遅いのだ、いつも通りの登り負荷で淡々と進めばいい。雨続きの旅程を経て、遂にここまで来たのだ。しかも様々な作物の畑が防風林を区切りにして次から次と入れ替わり、脚を停める口実に不足は無い。

再び人参 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 680m地点の背後に建つ農免農道の看板と最後の最後で斜度が更にがくんと上がる登り坂が近づいてくる。農家のログハウス、牛舎、最後の最後短い激登り。またここまで来ることができたという実感、歩みはゆっくりゆっくりでもその時が確実に近づいてくるという実感がとても嬉しい。

北海道Tour18#10 2018/8/18(土) 大村→幾寅 北海道空知郡南富良野町北落合 680m地点 農免農道落合線 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 12:00、680m地点着。

幾寅から北落合中央経由で北落合680m地点へ 赤は本日の経路
  680m地点で★50mm PENTAX K-1 MarkII HD PENTAX-D FA★50mm1:1.4 SDM AW

 登ってきたためか、風はさっきよりますます強い。青空の中、真っ白な雲が意外な程近い高さと速さで、背後の稜線の向こうから次々やってきて通り過ぎ、時々少しの間日差しを隠したり、再び日差しが牧草地を明るく照らしていた。平地で雲がこの動きだとかなり風雲急を告げる天気なのだが、今は晴天から何か劇的に変わる気配は全く無く、至って平和なお昼時だ。
 雲の速さに改めてここの標高が狩勝峠より高いことを思い出す。680m地点としては近年出色の晴れだ。2015年の秋は雲一つない程の晴れだったものの、あれは秋だし夕方も暮れ始めていたし。

狩勝の山裾 PENTAX K-1 MarkII HD PENTAX-D FA★70-200mm1:2.8ED DC AW
  下って行く道 PENTAX K-1 MarkII HD PENTAX-D FA★70-200mm1:2.8ED DC AW

 農免農道の外周にぶつかって舗装路面が途切れる、北落合中央からの1本道の最上端。舗装端部の砂利も埃も無いところにあぐらをかき、少しのんびりすることにした。補給食のパンを食べ、近くの草むらで鳴くキリギリスなど探してみたり、遠景を望遠ズームで眺めてみたり。ぼんやり眺める牧草地下手は、狩勝の山々から遠くの日高山脈へ、山影が段階的に青いシルエットになっている。ここはこれぐらいの拡がりが下っているから開放感があって、その向こうに日高山脈の山影が見えるのがいいのだ、などと改めて気付かされた。
 10分も続けるとすっかり厭きてしまうこういう時間は、しかしとても贅沢な旅先の時間なのだと、雨続きだった故に気付けたな、等と今回の旅を思い出す。残りのパンはもう2切れある。今の腹の減りなら、こいつらを全部食べてもカレーには全く影響は無いだろう。補給食を残さず、過不足無く食べ終えられることは気分が良い。

牧草地バック PENTAX K-1 MarkII smc PENTAX-FA31mm1:1.8AL Limited

 長居した。いや、必要充分。またいつか可能なら、この風景に会いに来よう。

北海道Tour18#10 2018/8/18(土) 大村→幾寅 北海道空知郡南富良野町北落合 680m地点 農免農道落合線 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

記 2019/2/28

#10-7へ進む    #10-5へ戻る    北海道Tour18夏 indexへ    北海道Tour indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/3/26
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.