北海道Tour18#10
2018/8/18(土)大村→大村-5

西達布から幾寅経由で北落合中央へ 赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路

大村→上富良野 (以上#10-1)
→本幸 (以上#10-2)
→麓郷 (以上#10-3)
→西達布
(以上#10-4)
→北落合中央
(以下#10-6) →北落合680m地点
(以下#10-7) →幾寅
100km ルートラボ
(以下#10-8) →大村(輪行)

幾寅 のんびりした盆地 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 9:35、西達布着。そのまま国道38へ。幅の広い路上は大型車がやや多く、やはり国道独特の埃っぽさが漂っている。それに路面が平滑なのか路盤が安定しているのか、とにかく路面からの振動が少ないし、路上に気流が車の通行通りに流れているというか。要するに何もかもフォーマルで慌ただしいのである。やはりツーリングには、もう少し全てがいい加減な田舎道の方が望ましい。

 

 しかし、相変わらず夏らしい日差しで景色は明るく、それでいて適度に雲が出て、暑いながらもそこそこ快適だ。峠区間に移行しても、登っていてさすがに汗は出ても、立ち止まらずにいられない、などということが無い。

北海道Tour18#10 2018/8/18(土) 大村→幾寅 北海道富良野市西達布地内 国道38 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 峠手前の大樹海展望ポイントでやはり脚を停め、三の山峠を通過。

北海道Tour18#10 2018/8/18(土) 大村→幾寅 北海道富良野市西達布地内 樹海の展望 国道38 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
(少し上に)「樹海」の看板が立つ大樹海 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 一気に下りきり、10:35、道の駅南ふらの着。かなり快調な進行だ。上富良野や麓郷で寄り道しすぎず、途中でもあまりうだうだしなければ、これだけ早い展開で幾寅に行けるのである。

幾寅から北落合経由で幾寅へ 赤は本日の経路

 北落合経由で幾寅に戻る予定の今日の行程中では、ここ幾寅が最後の食料補給ポイントということになる。しかし行動食はしっかり持っているし、今幾寅でこの時間なら、北落合でゆっくりして、幾寅に戻ってきてから確実になんぷカレーを食べられるスケジュールが見えてきた。ここで必要以上に休み込まず、北落合へ粛々と進んでしまえ。

夏一杯の田舎道 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
幾寅川 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
 

 幾寅の盆地を横断、2016年秋の増水で川原の風景が変わってしまった川原を渡り、幾寅川の谷間へ。まだ畑が続く久住までは盆地の範囲であり、道があまり登り始めることは無い。谷間が狭くなるとともに谷底の森は茂みに変わり、茂みの範囲も谷間を進むに連れ狭くなってゆく。段階的に少しづつ上がっていた登り斜度は、東幾寅への分岐が現れる辺りで登りと呼べるぐらいに変わった。この辺で、幾寅から北落合まで半分以上来ていることになる。
 やや雲が増え始めた。やはり今日も山間では曇りやすいのかもしれない。北落合まではまだ少し登る必要があるので、幾寅より空は曇るかもしれない。まあ、登っている間はこの方が涼しくて都合が良いことは確かだ。

 カーブの奥、切り通しの上端が防風林っぽくなった。北落合端っこの、畑を囲む防風林である。ちょうど良い具合に空は再び雲が少なくなり始めている。なかなか都合のいい展開である。

記 2019/2/28

#10-6へ進む    #10-4へ戻る    北海道Tour18夏 indexへ    北海道Tour indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/3/26
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.