2017/5/3 四国Tour17#3
下畑野川→長者-1

下畑野川→川口→中黒岩→七鳥
(以下#3-2) →蓑川
(以下#3-3) →長崎→二箆
(以下#3-4) →とろめき→日野浦
(以下#3-5) →森→長者
 72km  ルートラボ

静かな癒やし系細道の県道209 RICOH GR GR18.3mm1:2.8
 

 一昨日夜の段階で5/3の天気予報は晴れ後曇りだったのが、昨夜曇り後雨に変わった。そして今朝、空は午前中の天気が心配になるほど雲が低くどんよりと暗い。少なくとも今日後半の石神峠は、もう最初から行かない方向で考える方がいいかもしれない。まあ天気予報自体が不安定なので、現地へ行ってみたら何の問題も無いかもしれない。
 問題は前半のとろめき訪問だ。とろめきは2001年の四国Tour01で、地形図にその地名を見つけて以来ずっと興味を持っていた。その後16年間に2回四国を訪れているが、未だとろめきを訪れることができていない。それはとろめきがかなり山間で、訪れるのが簡単なようで面倒な場所だからだ。このため、今年は計画初期の段階で、とろめきを訪れることを目的としたコースと日程を組んでいる。だから、今日は何としてもとろめきを訪問したい。小雨ぐらいなら何とか。

 6:50、「民宿和佐路」発。畑野川の町へ下り、県道209へ。9km先、国道33と合流する河口まで有枝川のやや狭い谷間を約140m、かなり穏やかな下りである。

下畑野川から中黒岩経由長崎へ 赤は本日の経路

 県道209では、道端に迫るように水が張られた田植え前の田んぼと、落ちついた生活感が感じられる農村が、狭い渓谷の森と代わる代わる現れた。

河合 静かな田んぼ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 鏡のような水面に映る山々をはじめ、人々の暮らしと地形、季節が一つになった風景に、この谷の営みとその歳月が感じられた。

 中でも河合は美しい集落で、出発早々風景に脚が停まった。

 また、中野村では、集落内で60m標高を下げるつづら折れ沿いの、斜面農村らしい風景が楽しかった。

中野村 一気に60m標高が下がる RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
中野村 山を映す田んぼ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 中野村、本村では、やや廃屋が目立つように思われたものの、全体的には静かな農村風景を楽しむことができた道だった。

 国道33は流石の二桁国道、しかも30番台。一言で言えば、やはり車が多い。

川口から中黒岩経由蓑川へ 赤は本日の経路

 地形そのものや谷間の構成は県道と変わらなくても、やはり道路空間というか道の範囲が決定的に慌ただしく、なんだか埃っぽい。

 実際に車が立てる埃が目に入って難儀する。そして県道209の本村辺りから既に、雨未満の水滴が空気中に漂い始めていた。

 

 中黒岩で県道212へ分岐する直前、「面河渓まで20km」の標識を発見。土小屋までは37kmもあるとのこと。昨日は800mぐらいの標高差を下ったせいか距離の印象は全く無い。そういう距離感覚が全く無かったことが驚きだ。

 県道212からは、面河川に沿って再び緩やかな登りが始まる。

 国道33と似たような道幅ながら、やはり決定的に車の量、埃っぽさが少なく、渓谷という言葉が自然に頭に浮かぶ。

 昨日通ったばかりの県道12との短い重複区間で、昨日も眺めた七鳥の町並みを今朝は逆方向から辿り、町中で国道494方面へ。

記 2017/6/11

#3-2へ進む    #2-5へ戻る    四国Tour17 indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2017/7/20
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-17 Daisuke Takachi All rights reserved.