北海道Tour17秋#13
2017/9/17 開陽台・虹別・計根別ポタ-2

開陽→養老牛→俣落 (以上#13-1)
→俣落→北進→高峰
(以下#13-3) →養老牛→上標津→虹別
(以下#13-4) →計根別
(以下#13-5) →大成→中虹別
(以下#13-6) →養老牛→俣落
(以下#13-7) →開陽台→開陽
 100km  ルートラボ

開陽台駐車場 西側の定位置 でもカラスには要注意 PENTAX K-1 smc PENTAX-FA43mm1:1.9 Limited 開陽台から俣落経由で高峯へ 赤は本日の経路
北海道Tour17#13 開陽台・虹別・計根別ポタ 開陽台駐車場入口 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
 

 7:50、開陽台発。

 俣落に降りてくると、牧草地は早朝から朝に移行していた。風景が全体的にすっかり日なたに出ていて、日差しも上から差していて、風景全体の雰囲気が違う。

町道北19に合流 PENTAX K-1 HD PENTAX-D FA15-30mm1:2.8ED SDM WR パノラマ合成
北海道Tour17#13 開陽台・虹別・計根別ポタ 町道北19に合流 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 中標津2泊3日で狙い定めた中日ど真ん中の時間帯が、始まっているのだった。

俣落 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
  俣落から高峯経由で中虹別へ 赤は本日の経路

 俣落から北進へは、2008年に通った下手の道へ向かってみた。いつも通る道道150は、俣落から北進へ80mの登りがある。絶対量はともかく、根釧台地では随一の登りと言っていい。特に北進手前では、段丘を真正面から登る直登区間がある。地図で見ると標高差自体はそう大したことはなく、せいぜい30m。一直線に段丘を一気に昇るその眺めが、視覚的につらいのだ。

俣落 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 道道150と北進で合流するこちらは、こちらは少しづつ開けた牧草地や防風林の中、視覚的に気付かないぐらいに合流点へ高度を上げてゆく。一括払いか分割払いか、ぐらいの差かもしれないものの、2008年の訪問時はこの道で空がどんどん晴れ始め、真っ青な空と勢いよくどんどん動いてゆく白い雲、そして牧草地の開けた眺め等、いい印象があった。にも拘わらず、今回再訪して、途中の風景は全く覚えていないことに気が付いた。風景が新鮮に感じられるのは、或いは道道150の使いすぎなのかもしれない。

俣落 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 道が北西方向へ向かい始めると、脚がやや重くなってきた。北側の山裾まで開けた牧草地の道なので、実際には道が登っているようには見えない。

牧草地広々 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 自分の貧脚が悲しくなってくるので、「いやいやいやこれは実は登りなのだ」と努めて思う必要がある。貧脚の事実は無くならないので、単なる現実逃避だ。そういう葛藤とは別に、整った牧草地に北側の知床山地、なかなか眺めがいい。

 しかし山裾に近づくに連れ空に雲が増え始め、道道150合流点に近づくと、日差しが隠れ始めてきた。今日は全体的に雲の動きが速い。少なくとも1日中、開陽台で眺めたほどの晴れが続くわけではなさそうだ。

 

 道道150合流点はそのまま直進して北上。もう少し山裾の高峰まで寄り道してみた。開陽台に長居した時点で、今日はもうあまり先を急がず、その時点その時点で天気の良さそうな方向や楽しめそうな道へ向かう、という気になっていたのだ。

防風林のグリッドと牧草地 典型的中標津の風景 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
いつの間にか雲が動いてきた RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
北海道Tour17#13 開陽台・虹別・計根別ポタ 北進から高峯へ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 この道も以前1・2度だったか訪問したことがある。高峰を調子に乗って進むと途中でダートに変わるので、基本方針としてはダートまで踏み込まないことにしておく。まあ別に踏み込んでもいいのだが。

北海道Tour17#13 開陽台・虹別・計根別ポタ 高峯 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
高峯 景色は拡がったが曇りになってしまった RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
山裾区間へ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
北海道Tour17#13 開陽台・虹別・計根別ポタ 高峯 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 ちょうど雲が固まって押し寄せてきていた。空は雲に覆われ、日差しは一応時々出るぐらいの曇りに変わっていた。山裾に近づいたせいかもしれない。まあ天気の都合は仕方無い。

地形の起伏が目立つ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

記 2018/2/19

#13-3へ進む    #13-1へ戻る    北海道Tour17秋 indexへ    北海道Tour indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2018/5/12
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-18 Daisuke Takachi All rights reserved.