五島列島Tour19#5
2019/5/1(水)
小値賀島1 笛吹郷→前方郷-4

笛吹郷→黒島→斑島 (以上#5小値賀島1-1)
→浜津郷→中村郷 (以上#5小値賀島1-2)
→前方郷→小値賀空港
(以上#5小値賀島1-3)
→唐見崎→前方郷
43km ルートラボ

A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路
ニューサイ写真 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 海岸沿いの道から宿のすぐ近くを経由、前方漁港へ。

 それでもまだ16時過ぎ。最後に唐見崎まで脚を伸ばしておく。これで明日予定のコースの主な部分を、今日のうちに消化できたことになるのだ。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路

 唐見崎では畑の中を周回しておく。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 畑の中に松の立ち枯れが目立つのは、今回福江島でも見かけたように思う。或いは虫害かもしれない。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路

 GPSにポイントを入れておいたにも拘わらず、前方漁港に面して密集した集落では、民家の中に建つ宿を探すのに少し手間取ってしまった。17:00、前方郷「民宿愛宕」着。

五島列島Tour19#5 2019/5/1(水) 中通島-3 小串郷→青方 長崎県北松浦郡小値賀町前方郷 民宿愛宕前から前方漁港を望む #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 荷物を降ろして一服後、津和崎丸に電話してみると、明日の朝は全く問題無く来て下さるとのことだった。やった!これで明日は9:00笛吹港発となった。佐世保市営船より50分ほど到着が早くなるだけではあるが、いやいやこれは大変大きい。
 ついでに津和崎着が早まると尚有り難い。既にルートラボでチェックし、今日太古から眺めた中通島西岸の林道を経由するコースが、かなり現実的な距離と獲得標高差で成立することがわかっている。そのためにも全体を前倒しして、宇久島より中通島で時間を見ておく方がいい。直前になってしまったが、とにかく津和崎丸には午後の時間変更のお願いをしておく。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8 パノラマ合成
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 夕食の魚は味付けが家庭料理風の薄味で大変美味しい。ここまでの旅館味に比べ、口がヒリヒリせずに一杯食べられる。しかも刺身が全体的に一回り大きくて新鮮だ。さすがは小値賀島だ。

記 2019/6/2

#6小値賀島2へ進む    #5小値賀島1-3へ戻る    五島列島Tour19 indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/7/7
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.