五島列島Tour19#5
2019/5/1(水)
小値賀島1
笛吹郷→前方郷-1

笛吹郷→黒島→斑島
(以下#5小値賀島1-2) →浜津郷→中村郷
(以下#5小値賀島1-3) →前方郷→小値賀空港
(以下#5小値賀島1-4) →唐見崎→前方郷

43km ルートラボ

赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路と航路

 13:05、小値賀着。そのまま走り始めるのがあまりに簡単すぎて、太古とフェリーターミナルにしばらく紐で結んどいて欲しい気分だ。しかしもう海の上じゃないし積載室の中でもない、自由の身なのだ。

五島列島Tour19#5 2019/5/1(水) 小値賀島-1 笛吹港→前方郷 長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷 笛吹港 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 13時出発で宿まで予定コースは33km。手持ち時間にかなり余裕がある。一方、明日の宇久島は41kmで10時過ぎ到着13時発。計画時はこれでも行けると思っていたが、風景を見るのに立ち止まることを含めて考え直すと、かなり厳しいんじゃないかと思い始めていた。またその後、宇久島から中通島に戻ってからも、予定していた海岸集落へのピストン行程を省略して、代わりにさっき眺めた西岸の林道に向かえるかもしれないと思い始めていた。
 実はもう手持ち時間と可能性の狭間でいろいろ検討し、
   1 明日の朝の便を佐世保市営船から津和崎丸に変更し、可能な限り早めの時刻に来てもらう
   2 宇久平の出発時刻も早めてもらう
という方針で津和崎丸にはお願いしてある。津和崎丸の他のお客さんの都合もあり、結論は今日の17時過ぎにわかる予定だ。こちらもこの方針に備え、今日の進行次第で明日の分も消化しておきたい。今日と明日の小値賀島コースは比較的近くを通る区間があるため、馬鹿正直にすぐ隣の道を経由したりせずに多少合理化するだけで、今日のコースの後に明日のコースの大半を追加できるんじゃあないかと思っていた。
 というわけで、今日と明日の予定トラックを別の色で表示させておく。今日のコースから明日のコースに乗り換えやすいように。

A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路

 フェリーターミナルから、道沿いの商店の位置等を確認しつつ西へ笛吹港を回り込んでゆく。

 太古で「小値賀で何か食べよう」と思っていたのに、更に「空から日本を見てみよう+」で見覚えのあるスーパーを確認しつつも、何となく他人事のようにそのまま通過してしまった。我ながら空腹感はあまり差し迫ったものではなかったのかもしれない。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 湾に架かるそう長くも無い橋を渡って、笛吹港の中にあるような黒島へ。これだけ本島から近いと、半島も島も風景の何が違う訳じゃない。小さな島の湾内側、集落とその周辺のごく限られた範囲の道の先端には、決定的に本島とは違うもの寂しさが感じられるような気もする。しかしそれでも、港町外れの漁村と畑と茂み以上の何かがあるわけではない。
 未だに空が曇っているからかもしれない。海の色も岸辺の緑も、更に気温自体、何となく薄ら寒いのである。

 笛吹に戻って、小値賀島を時計回りに進んでゆく。

 GPSトラックに従い、県道161から狙い定めて海岸部の断崖際へ微妙に傾斜する大浦、浜町の畑へ、裏道を繋いでゆく。

 田圃、野菜畑の他、麦と牧草が目立つ。麦は五島うどん、牧草は五島牛、それぞれ思い出すのは五島列島の名産だ。

 県道161を経由して竹崎の漁村、漁港を海岸沿いへ。

 浜辺から海と空へ拡がる空間感覚が、丘陵部の畑とは全く違い、その広さというより大きさにしばし脚が停まる。

 遠浅の海全体が鮮やかになり始めていた。見渡す空は未だ曇っているものの、次第に雲全体が明るくなっている。晴れるにはもう少し時間は掛かりそうではあるもののもう15時の桝だし、連休後半に向けて早く晴れてくれ。

A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路

 斑大橋を渡って斑島へ。橋の上から眺める海も、軽やかで鮮やかに変わり始めていた。振り返ると、斑大橋手前の小値賀島、松林裾の草地に黒牛が放牧されていた。明日訪れる宇久島とともに肉牛の放牧が盛んなのだ、と思った。五島列島は仔牛の放牧が盛んで、通常の300kg程度の仔牛が1頭50万円程度のところ、五島牛は1頭70万(〜100万)で佐賀や松阪に売られてゆくとのこと。初日、2日目に宿で食べた五島牛の陶板焼きはその通りに大変美味しい霜降りだったことを思い出す。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
五島列島Tour19#5 2019/5/1(水) 小値賀島-1 笛吹港→前方郷 長崎県北松浦郡小値賀町斑島郷 県道225 斑大橋 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 時計回りに斑島を1周してゆく。住宅が密集する港を横目に、まずは南岸から西岸へ。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 

 斜面の森を、木々の間に東シナ海をちらちら眺めつつ、10%超ぐらいの登りであっという間に標高70m。

五島列島Tour19#5 2019/5/1(水) 小値賀島-1 笛吹港→前方郷 長崎県北松浦郡小値賀町斑島郷 斑島西岸 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 再び下り始め、海岸へ一気に急降下してゆく。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
五島列島Tour19#5 2019/5/1(水) 小値賀島-1 笛吹港→前方郷 長崎県北松浦郡小値賀町斑島郷 斑島西岸 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 海沿いの棚田、牧草地、ごろごろごつごつと黒い石、岩と、漂着発泡スチロールが目立つ海岸を過ぎ、港へ戻って来た。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 あまり大きくない島なので当然のように、あっという間という程でもなくボリュームたっぷりという訳でもない1周であった。登りはそれなりに厳しく、港町は静かで板張の家並みが美しかった、斑島であった。

五島列島Tour19#5 2019/5/1(水) 小値賀島-1 笛吹港→前方郷 長崎県北松浦郡小値賀町斑島郷 県道225 斑大橋 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

記 2019/6/2

#5小値賀島1-2へ進む    #5中通島3-3へ戻る    五島列島Tour19 indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/7/7
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.