北海道Tour18#6
2018/8/14(水) 仁宇布→浜鬼志別-1

仁宇布→上徳志別
(以下#6-2) →中頓別
(以下#6-3) →飛行場前
(以下#6-4) →浜鬼志別
133km ルートラボ

赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路

 4時に起きて窓を開けてみると、雨が上がって空の一部が晴れ始めているではないか。いいぞ。今日は希望が持てる、かもしれない。
 いそいそうきうきと5時に積み荷を開始し、5:30に朝食へ。朝食中、遂に青空が見え始めた。いかにも道北らしい伸びやかな空、堂々と静かに拡がる畑や山々の眺めが感動的だ。ファームイントントの食堂から青空の仁宇布を眺めるのも、何だか久しぶりだ。

テラスから眺める夜明けの牧草地 PENTAX
 

 朝食を終えてまだ6時前。6時台の道道120は熊が怖い。それにどうせ今日の終着は浜鬼志別。天気予報の15時、つまり13時半〜16時半、内陸部と浜頓別町は雨予報なので、知駒峠へ行くとその後が雨に降られそうだ。このため知駒峠には行かずに、なるべく早い時間に浜頓別町を通過できる短縮行程のつもりなので、朝に多少うだうだするのは予定通りの行動なのだ。
 とりあえず7時台まで。と思って宿で待機する間、あっという間に雲が拡がったのみならず、牧草地に霧まで漂い始めた。霧の中は全体的に明るく、まあ昨日みたいな雨にはならないだろう、とは思える位ではあるのだが。

ファームイントントから西尾峠経由で上徳志別へ 赤は本日の経路

 7:15、ファームイントント発。仁宇布の交差点に下る間に霧は消えたものの、空には相変わらず雲が拡がっていた。霧が無い分、雲の薄暗さとかなかなか消えてくれなさそうな雰囲気もよくわかるようになってしまっている。

ソバ畑満開 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 まあ、こんなもんかもしれない。さっき仁宇布で青空に出会うことができただけでも、仁宇布に来た価値があったというものだ。それにまだ、帰りにもう一度仁宇布には寄ることになっている。

北海道Tour18#6 2018/8/14(水) 仁宇布→浜鬼志別 北海道中川郡美深町仁宇布 道道120 - Spherical Image - RICOH THETA
 

 自分で自分に語りつつ、仁宇布の盆地から西尾峠への谷間に入ると、それまで高かった雲が低くなり始めた。空も更に暗くなり、もはや薄暗いとしか言えない。

 むしろごく普通に雲が濃い日の7時台として適切な曇りであり、天気予報通りの展開である。まあ、こんなもんかもしれない。

北海道Tour18#6 2018/8/14(水) 仁宇布→浜鬼志別 北海道中川郡美深町 道道120 西尾峠 - Spherical Image - RICOH THETA

 8:00、西尾峠通過。

 峠を越えて上徳志別側へ下るとともに、空中に水滴を感じ始めるようになった。路面もところどころでしっとり濡れたり乾いたり。

どこを見ても森の中 RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 雲は雨が降るような低さには無く、そういう暗さでもない。一見心配は無さそうではあるものの、ここはオホーツク内陸山中。いつ、急に雲が濃くなって大雨が降り始めても不思議じゃない。実際には雨に変わってない状態がしばらく続いていて、安心できているというだけの崖っぷちなのかもしれない。

 

 それに脚を停めると、8時台とは言えまだ周囲の山々には押しつぶされそうなの圧迫感が感じられる。まずは少しは天気は好転しそうな歌登まで下らねば。

天の川トンネルから上徳志別経由で志美宇丹へ 赤は本日の経路
 

 フーレップ川の谷をどんどん下り、天の川トンネルを過ぎて織姫橋休憩所辺りまで、雨が降る雰囲気は全く無かったものの、路面は乾いたり、濡れ跡が現れたりしていた。

 大曲の下り辺りで、突然というか満を持したように急に水滴の密度が上がり、辺りの路面も目立って濡れ始めた。これはもう雨と認めざるを得ない。

大曲の牧草地 やっと現れる人里らしさ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
 

 上徳志別の盆地入口で、雨はしとしとからちょっと強いぐらいに密度を増し、空も何だか目に見えて暗くなってきた。盆地までおりてきてこれか。ちょっと雨宿りしてやり過ごすべきかもしれない。

 8:50、上徳志別着。元小学校のキャンプ場前に庇のある集会所を発見できたので、軒下で雨宿りさせていただく。庇下は狭くやや蜘蛛の巣っぽいものの、雨から逃れて雨具を着るには全く問題無く、個人住宅の玄関先や納屋をいきなり無断突入してお借りするより随分気が楽だ。

  雨宿りの軒下から眺める元かみとくツーリストキャンプ場 小学校に一度泊まってみたかった RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 西尾峠から20km、ほとんど下りに任せて進んできたので気付かなかったが、停まってみると意外にも弱い追い風が絶えず吹いているようだ。風のせいで雨が吹き込み、小さい軒下の雨避け有効面積が更に狭くなっているのに、庇下空間の脇は周囲の茂みと一体化するように大きな蜘蛛の巣が竪に張られているので、あまり雨粒シフトで軒下の端に寄る訳にはいかない。そうこうするうち、ゴマフアブがお出まししていた。さすがは山間の牧草地まっただ中だ。気温が低いので彼奴らの動きは鈍くなっているので、わざと靴下の上に止まらせて、ムシペールを直撃してやったりする。人の血を吸うならず、凄まじい痒みと腫れを残しやがって。しかし彼らは悪気がありそうな面構えにも拘わらず、吸血行為を悪気でやっているわけではなく、そういう進化をしてしまっているのだ。自分の報復行為は純粋に自分だけの憎悪と悪気である。こういう行為により、おれもあの世で罰せられ、ゴマフアブに転生する日が来るかもしれない。

 止めどない妄想の間、風やら雨やら虫の声はずーっと途切れずに続いていて、次第にそういう音がわかるようになってくる。時々車も通り過ぎてゆく。ちょっとクロワッサンを食べてみる。もうひとつ。クロワッサンが賞味期限を越えているせいか、バターの匂いが多少きつくなり始めている。おれもちょっと疲れているかもしれない。そのちょっとした疲れのせいか、体内は妙に落ちついている。走っているのとまた違う、自分の周りの空間や風景が停まっている感覚、時間の感覚がいい。

記 2019/2/10

#6-2へ進む    #5-4へ戻る    北海道Tour18夏 indexへ    北海道Tour indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/3/18
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.