五島列島Tour19#7
2019/5/3(金)
福江島2 福江→玉之浦-2

福江 (以上#7福江島2-1)
福江→荒川
(以下#7福江島2-3) →大宝
(以下#7福江島2-4) →大瀬山→玉之浦

49km ルートラボ

A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路
ニューサイ写真 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 13:05 福江発。4/27に福江に着いてはいても、福江の市街地から走り始めるのは初めてだ。何だか不思議に新鮮な気分である。

 

 福江島の横断は県道27へ。初日に林道の猪掛峠を越えているので、今日は現県道の猪掛トンネルでいいかなとも思ったものの、福江郊外だと県道27の交通量がやはり耐え難いほど多い。それに猪掛トンネルの新道との標高差はたった50mぐらい。というわけで、猪掛峠への林道へ分岐。

 木漏れ日の静かな路上に、透明な羽のカワトンボがひらひら、黒に黄色い模様が目立つサナエトンボもびゅんと飛び回っていた。曲がり角の草花には、黒系アゲハ、アサギマダラ、タテハチョウなどが飛び、森の中からウグイス、ホトトギスの声が響き渡るのも初日と同じ。

斜度緩々の楽しい道だ。3度目があったら、多分またこちらに来るだろう。

 下りもブレーキをあまりかけないぐらいで下れる、細道の程良い斜度でくねくね徒然に。

 初日に大曲へ分岐した雨通宿で、今日は県道27へ。

A地点からC経由でB地点へ 赤は本日の経路

 再び谷間を登り始めた県道27に、下りじゃないのかと川の流れ方向を確認しても、間違いなく登りである。岐宿の盆地へはもう一山あるのだった。

 山間にやや開けた谷間の後、5〜6%位のゆるっとした登りでそう高くない丘を越え、今度こそ岐宿の広い盆地の中へ。

 お昼過ぎの眩しい光の中、山に囲まれて畑が拡がる盆地の中心八蔵木場で、県道27と県道31がそれぞれ一直線に直行していた。全く海の香りがしない、内陸ならではの風景だ。普段のツーリングならこういう所にコンビニがあるのだが、等と思いながら目に付いた自販機でとりあえず休憩しておく。そう言えば、今回のツーリングではまだ福江周辺でしかコンビニを見かけていない。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 八蔵木場から再び盆地の西側縁へ、80m程登り返しが始まった。普通に県道っぽい幅の道は、車は殆ど来ないのがありがたい。

 七ッ岳登山口を過ぎると道が下り初めた。そういえば北側に、つんととんがった山が見える。あれが七ッ岳か。

 狭い谷間の下りが落ちつき、次第に拡がって行く手に山が無くなって川幅が拡がり、福江島西岸が姿を現した。

記 2019/6/15

#7福江島2-3へ進む    #7福江島2-1へ戻る    五島列島Tour19 indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/7/7
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.