2009/3/15 畑探索 安房鴨川→館山 #1

鴨川(県道34・国道128・市道)貝渚→(林道嶺岡中央2号線・
1号線)大山平塚→(林道西の谷太田代線他)大井
(以下#2) →(国道410他)根方→(県道258・農道)前田
→(県道296)本織→(県道88他)稲→(県道187)千倉
→(市道他)南朝夷→(林道千倉線)畑
(以下#3) →(市道他)名倉→(林道畑2号線)畑→(林道小松線・
市道)南条→(県道188・86・国道410他)館山
  80km

静かな癒し系細道 林道嶺岡中央1号線 春の陽射しぽかぽか RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4 赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路

 例によって出発は新宿さざなみ。雨で撤退になってしまった前回1月のリベンジで、今度こそ南房総内陸の秘境畑を目指します。一寝入りすると南房総の海が青々と、日差しも何とも暖か。いや、列車の窓に当たる日差しは、紛れもなく強力です。やはりさすがは南房総。

 出発も例によって10時鴨川。真っ青な空に列車から眺めたとおりに日差しぽかぽか、とりあえず今年初の上下半袖サイクリングでスタートです。

安房鴨川から嶺岡中央林道経由で大井へ 赤は本日の経路

 まずは未済区間消化で林道嶺岡中央2号線へ向かいます。どこから入ってもいいのでちょっと悩みますが、とりあえず鴨川の裏通りから国道128を掠め、嶺岡トンネル手前で林道取り付きの市道へ。

 この市道がかなりめちゃくちゃな激坂です。まあ鴨川郊外から嶺岡中央林道の稜線にいきなり取り付く道なので、ありがちと言えばありがちなパターンではあります。

 嶺岡中央林道に取り付いてからも、海岸部から内陸へ向かってしばらく道は嶺岡山に続く稜線上で高度を上げていきます。

 ぐいぐい登るだけあって、ときどき開ける展望は意外な程の拡がりがあります。

南側丘陵の展望 青空の下、丘の向こうには太平洋 RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4 パノラマ合成

 展望の素晴らしさとともに、今日の雲一つ無い見事な青空も感動的。丘陵の向こうには真っ青な太平洋も見えます。

 時々開ける展望の他は、道は基本的には房総独特のジャングルの中。背が低く密な森の中、あまり高度を感じさせない閉鎖的な道が続きます。

ところどころで南側低山丘陵、その向こうに太平洋が RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4

 幅の狭い交通量の少ない道は、最近は地元ロード乗りにも人気のようで、休日朝は練習会みたいなのも見かけることができました。

 しばらく登り基調の道は、辺りが見えないとさっぱりどこにいるのかわかりません。頭上まで覆い被さる密林に、GPSも電波を見失いがち。

北側は鴨川の平地、その向こうはやはり低山丘陵 RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4

 時々現れる展望ポイントと分岐で、大体の場所を何とか確認しながらとぼとぼと一人登り続けます。

突如東の集落が眼下に開ける RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4

 急に開けた里山風景。日差しはぽかぽか、冬眠から覚めたみたいなキタテハが舞い、カエルの声まで聞こえます。地図を確認すると東辺り、毎年の走り納め南房総で地図で眺めていた山間の里でしたが、こんな場所だったのか。思わぬウレシイ出会いとなりました。

 その後は道が少しきりもみ急降下。

 ジャングルから竹藪、杉林と次第に辺りが里っぽくなったと思ったら、見覚えがある国道410との交差に到着です。

嶺岡中央林道から大井経由で本織へ 赤は本日の経路

 国道410を峠部分から微妙にスライド、そのまま次の林道嶺岡中央1号線へ。

 嶺岡中央林道全区間通じて最高地点となるこの区間、まあ当然のように初っぱなは登りが続きます。

北側の展望 RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4

 登りが続けば見晴らしが良いのはわかっちゃいますが、それでも谷間の農村風景に延々続く房総の低山の眺め、そして今日の素晴らしい青空は感動的です。

 自衛隊嶺岡駐屯地への分岐を過ぎると、ほんの少し登ってようやく登りが一段落。最高地点で標高360m強。

 再び下り基調で稜線近くの道が続きます。相変わらず森と茂みで景色は全く見えなかったり、見えるか見えないかでビミョーに見えなかったり。

 大山千枚田からの市道と合流すると、この先は既済区間となります。この先千倉方面を目指すにはちょうどつながりも良く、今日はここで嶺岡中央林道から降りることにします。天気にも恵まれたためか印象がとても良かったので、そのうち嶺岡中央林道ネタでオフにすることにしましょう。

 11:50、怖いぐらいのきりもみ急降下で大井に下りきると、そこは水を張ったばかりの田んぼのまっただ中。

大井の里山農村 水温む田んぼにはカエルが目覚めたばかり RICOH GR DIGITAL 2 GR5.9mm1:2.4

 あちこちで早咲きの桜(山桜?)が咲いていたり、田んぼでまだ本調子じゃなさそうなカエルが鳴き出していたり、冬眠から覚めた蝶が飛び始めていたりの春いっぱい。春の使者オオイヌノフグリにも会えました。

編・記 2009/12/30

#2へ進む    2009/1/10 畑探索未遂へ戻る    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2010/6/19
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-10 Daisuke Takachi All rights reserved.