紀伊半島Tour24#4
2024/5/2(木)吉野→洞川-0

RICOH GR DIGITAL GR5.9mm1:2.4

 とにかく洞川には一度泊まってみたい、と以前から思っていた。山深く何とも清らか、いかにも修験場らしい雰囲気の土地で朝を迎えたい。そして、天川村の渓谷を朝の行程として通り、じっくり眺めたい。そのために、今回はどこから洞川へ向かうかをいろいろと考えていた。洞川で予約できた宿は夕食の提供が無い。近くに飲食店はあれど、そのお店は最悪、15時ぐらいまでがラストオーダーになってしまうかもしれないとのことだったからだ。

 前日の5/1お昼前、大雨の中ではあったがのんびり出発、品川13:19発のぞみ35で15:27、京都着。次は近鉄で橿原神宮だ。

 調査段階の乗り換えアプリで、新幹線から近鉄特急へ乗り換え時間が少ないのが気になっていた。このため、わざわざ1本遅い列車を予約したのだ。しかし実際に行ってみたら、近鉄京都は新幹線の改札から通路を挟んでほぼ正面。あんなに近くだとは全く憶えていなかった。改札に入ってから、予約していた16:05時の1本前に変更するのも全然余裕で、15:35京都発。予約していたビスタカーが22000系になったものの、元々こっちの方が車両としては好み(新ビスタは顔が嫌い)だし、輪行するのにも確か都合が良かったはず。2009年は同じ橿原神宮への特急が確かビスタカーで、自転車置場に随分苦労したという印象がある。

 16:29、小雨の合間の橿原神宮着。2009年に泊まった、昔ながらの木造駅前旅館「好生旅館」はもはや影も形も無い。そして二つあるホテルの内、一つは外資系になっている。今日はその外資系のホテルを予約している。15年後なんて味気ないものだ。
 夕食は近くのCOCOSで包み焼きハンバーグ。大変美味しい。ファミレスでも落ちついて夕食が食べられ、夜中に橿原神宮に着いた2009年に比べて余裕がある、文句の無い橿原神宮前泊だ。

 明日の天気予報は、行程直前になってころころ変わっている。今日の午前中には、午後から降水確率60〜70%の雨とのことだった。しかし今は、終日降水確率10%の曇り時々晴れに変わっていて、もっと言えば一昨日ぐらいまでの予報に戻っている。こういう天気予報はそのまま鵜呑みにするわけには行かない。天気の推移が不安定なのかもしれない、しか言えない。
 走るなら、上市発で国道169から旧行者環林道国道309を経由する予定だった。国道169は、今下北山村で全面通行止めのため、交通量が少ない。走るなら今がチャンスだ。いや、実は国道309を経由して、確実に宿の近くのお店で夕食が摂れる15時に着けるか自信が無く、どうしようか迷っていた。
 そこに雨の可能性が出てきた。一度は洞川温泉までバス輪行を覚悟し、路線バスが下市口から出ていることまで確認した。雨ならバスがある。バス輪行できるかどうかは、明日天気をみてから営業所に電話すればいい。例えバス輪行が拒否されたとしても、朝ならどうなってもどのようにもできる。
 そこで気が付いた。洞川までは吉野発の林道吉野大峰線は2009年のコースだし、国道168は2003年に通っている。つまり未済経路は無い。
 それならあまり無理する必要は無い。上市発国道169は止め、手堅い2009年のコースで行こう。吉野から林道一発越えで洞川に降りたら午前中に着いてしまうので、国道309で川合から適当な所まで往復しよう。というわけでのんびりコースに切り替えるのに大変都合が良い大義名分が付いた。

記 2024/6/6

#4-1へ進む    #3-2へ戻る    紀伊半島Tour24 indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2024/6/19
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-24 Daisuke Takachi All rights reserved.