五島列島Tour19#9
2019/5/5(日) 福江島4
三井楽→福江-1

三井楽→惣津→水ノ浦
(以下#9福江島4-2) →岐宿町岐宿
(以下#9福江島4-3) →前小島→福江

66km ルートラボ

赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路と航路

 

 明日は10日間の最終日。一応福江から五島福江空港まで走るは走るのだが、朝の10時発福江空港なので、最低でも9時には福江空港に着いておきたい。このため、1日走るのは今日が最後である。
 今日は午前中福江まで行ってから、午後は久賀島へ向かう。船の予定は福江13:35の木口汽船フェリーひさかで14:04久賀島の田ノ浦港着、帰りは田ノ浦発17:05から木口汽船シーガルで17:30福江着。
 久賀島では島内を一通り、3時間の久賀島ローラー作戦43.2km、獲得標高上り835m。手持ち時間にはやや不安がある。普通に走れば全然大丈夫なはずだが、淡々と脚だけ進める行程だと悔いが残るだろう。3時間を意識しながら行程を進めるぐらいで、何とか収まってほしい。要するに何か尺度があって判断できるというより、とにかく時間があればあるほど好ましいのだ。

 久賀島への13:35の前の便は、福江12:05の木口汽船シーガルで12:20田ノ浦着だ。フェリーひさかは小型フェリーで、自転車は乗ったまま乗船できる。シーガルはやや小型の船で、自転車は桟橋からの受け渡しになるものの、やはり予約などの手続き無しで積載可能とのこと。木口汽船、なかなか気が利いているね。久賀島での行程を優先するなら、できればこの12時の便に乗りたくなってきた。久賀島での行動時間が1.5倍になるのである。
 一方、福江島で三井楽から福江へ向かう予定コースには、福江島北東部海岸の、初日で通った県道162等が含まれている。そしてかなり遠回りでもある。内陸を国道384で福江へ行ってしまえば最短なのだが、コース前半の三井楽から河務まで国道384主体なので、北東海岸ののんびりした道が今日の福江島での大きな目玉のつもりだった。しかしここまで延べ7日。五島列島のいろいろな道を通ってきた状態で、今日もう一度初日のコースをなぞるという必然性が余り感じられくなっている。決して悪い道じゃないんだが、殆どが一度通った道と、初めて訪れる久賀島の優先度は、久賀島の方が高いんじゃないかという気がしてならない。天気予報は1日中晴れだし。
 それならそういうことにしよう。福江市街地まで基本的に国道384になってしまうが、ちょうど中間の大曲トンネル区間に、旧道っぽい大坂峠という道がある。少なくともトンネルよりは交通量は少ないだろう。低くて楽そうだし。途中岐宿半島で寄り道することになっているものの、ルートラボでチェックしたら所詮40km程度。7時半出発でまず12時には福江に着けるだろう。早めに着けば、福江のどこかのお店で昼食を食べられる。うん、今日はこれで行こう。

 朝食は7時から。昨夜の夕食に続き朝食も選りすぐりのメンバーで、大変美味しくボリューム充分。落ちついてたっぷりいただく事ができた。

 7:35、民宿西光荘発。まずは三井楽の町を掠め、まだ営業開始していない道の駅「遣唐使ふるさと館」を横目に国道384へ。

民宿西光荘から惣津経由で水ノ浦へ 赤は本日の経路

 三井楽漁港を囲む道への立寄りは、省略してしまう。いかにも港らしくて良い風景なのだが、ほんとに見える範囲での寄り道であり、これぐらいの大きな規模の港は今回もはや珍しくもない。それに空は晴れているものの、昨日の薄曇りが残っているのか全体的にうっすら霞っぽく、海の色の切れが今ひとつだ。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 昨日前半まで快晴が続いたため、こういう取捨選択ができるようになっているのだ。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 旧道経由で描いていたはずのGPSトラックも、旧道が90mぐらいの小さい丘越えになっているのを見て省略。この辺であまり頑張っても所詮は里の90m。

 

 岐宿町川原で、今度こそはGPSトラック通りに、白石浦から岬を回り込む惣津への寄り道へ。

 池のような白石浦の向こうの対岸は、惣津への寄り道の後に通る予定だ。GPSトラックに描いた国道384が、丘の中腹をトンネルで抜けているのが見える。その下の海岸際にへばりついて、旧道っぽい道が続いている。見る限り、国道384はトンネルで無駄に登ってトンネルで下っているのに、海岸際の道は静かでずっと平坦だ。拡幅国道が車の通行しか考えていないありがちなパターンだ。惣津の寄り道の後は、海岸際で行こう。

 白石浦沿いの漁村、白石では、途中の八坂神社がなかなかの風格だった。白石の先端部にも鳥居を発見。

五島列島Tour19#8 2019/5/4(土) 福江島-4 三井楽郷→福江 長崎県五島市岐宿町白石 白石浦 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 五島列島では神社も風格たっぷりで、教会と同じく大切にされている様子が伺える。そういう、神社と教会が共存しているところが一つの見所なのではないかと思う。厳しい自然と向き合いつつ、信仰の厚い人々が協力して住んでいたように思われ、旅先の土地なのに何だかとても親しみやすく思えるのだ。

 白石浦の先端から急に道幅は細くなり、入り組んだ山裾を登ったり下ったりして惣津に到着。

川原から惣津経由で岐宿町岐宿へ 赤は本日の経路
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8

 人気の無いひっそりした道の終点、入り江奥の防波堤内側には、民家が数軒だけ建っていた。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
五島列島Tour19#8 2019/5/4(土) 福江島-4 三井楽郷→福江 長崎県五島市岐宿町惣津 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8 パノラマ合成

 入り江には小さい漁船が1艘。道から車が来るより、海から漁船が訪れる方が多いのかもしれない。

 RICOH GRV GR18.3mm1:2.8
五島列島Tour19#8 2019/5/4(土) 福江島-4 三井楽郷→福江 長崎県五島市岐宿町白石 白石浦 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

記 2019/6/16

#9福江島4-2へ進む    #8福江島3-7へ戻る    五島列島Tour19 indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/7/15
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.