北海道Tour18#13
2018/10/8(月)開陽→中標津空港-2

中春別から豊原経由で豊岡へ 赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路

開陽→中春別 (以上#13-1)
→豊岡
(以下#13-3) →中標津空港 93km ルートラボ

豊原へ牧場ジグザグ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 10:05、中春別発。

 やはり雲の低い牧草地の中、直線基調の道が時々大きく方向を変えつつ、全体的には西側の内陸へと向かってゆく。

牧草地ジグザグ RICOH GRU GR18.3mm1:2.8

 10:40、豊原着。7時半出発で13:30空港着とすると、ここでちょうど持ち時間の半分が過ぎたことになる。
 立ち止まって地図を見て、この先の方針を少し検討することにした。

民宿地平線の根釧台地130kmコース

10/8の実施コース

  開陽から豊原経由で中標津空港へ 赤は本日の経路

 メーターの距離は今ここで55km。全体的には順調だが、130km全部を回るとするとちょうどぴったりのぎりぎりで余裕が無い。もう30分早かったら、気持ちに余裕を持って回れたかもしれない、等と思う。夏も来ているコースであり、今日はあまり欲張るような天気じゃない。平地とは言え根釧台地内陸まっただ中、この低い雲がいつ一気に落ちてきたって不思議じゃないのだ。中標津空港に早めに着けば、何か中標津っぽいものも食べられるだろうし。
 というわけで、もう少し先にあるコース交叉地点で折り返すことにした。

 10:50、豊岡発。急に雲が切れ始め、一瞬青空すら見え始めた。ん、これは先に進むべきか、等と思っているうちにすぐに再び曇ってしまい、その後はもう晴れることは無かった。

 コース交叉地点から北上区間へ。

しばし台地上に道は続く RICOH GRU GR18.3mm1:2.8
 

 途中、コースはしばしばのんびりした細道に変わる。道が通れることを知っていないと、この辺でこういう道には絶対に入り込まない。何故かというと、こういう細道は、牧草地のまっただ中で途切れたり、草ぼうぼうのダートに変わることが多いからだ。

記 2019/3/9

#13-3へ進む    #13-1へ戻る    北海道Tour18秋 indexへ    北海道Tour indexへ    自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2019/3/30
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-19 Daisuke Takachi All rights reserved.