Canon NewFD85mm 1:1.2L

写真コメント

NewFD85mm 1:1.2L


 各メーカー自信の1本が正面から対決する85mm大口径クラス。美人撮り用レンズの決定版でもあるその85mmを、一体私はどのように使っているかというと、実はたまに建築ディティール撮りで使っただけ。私にとって、あまり必要の無いレンズなのかもしれません。しかしそれでもこのレンズを買ったのは、新同品を地元店で確か3万台で入手できたから。用途に悩んで(笑)随分迷って買った記憶があります。
 今中古市場を見ると、もう少し相場は上昇しているように思います。程度も良くてA-級止まり。手持ちレンズのクリアーなファインダー像を見るに付け、やはり入手して良かったキヤノンFD名レンズの1本だと思います。

種類 中望遠
マウント キヤノンFDマウント
構成枚数 6群8枚
対角線画角 27°30′
最小絞り 16
距離目盛(m) 0.9〜10・∞
フィルター径 72mm
フード BT-72
専用ケース LH-C13
寸法 L71mm×φ80.8mm
重量 680g
発売日 1980年3月
定価 本体\113,000
参考リンク Canonカメラミュージアム
Photography in Malaysia>Modern Classic SLRs Series

 描写は開放からシャープ、2.8ぐらいまでやや低コントラスト気味なのが弱点と言えば弱点。ポートレート時にはこれが逆にいい味になるそうな。ぼくこどもだからわかんないや。
 ヘリコイドの加減か、どういうわけかやたらとピントが合わせやすく、私が使う機会が無いのは私が悪いのであって、本当は意外にもとても使いやすいレンズだと思います。

 なりはでかいですが、それ以上に中身はガラスだらけ。しっとりと揺るぎ無いヘリコイド、大きな絞り羽根、そして絞り機構など、入っているのが不思議なぐらい。それだけにというか、私の85/1.2Lも最近絞り不調に。でも完全に修理、無駄に元気になりました(笑)。

記 2006/6/25

カメラ大好き〜!!indexへ    Topへ

Last Update 2006/7/22
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-6 Daisuke Takachi All rights reserved.