広河原逆川林道合流点にて RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9

2009/11/29 大名栗林道

飯能→(県道70他)小沢→(県道53)湯基
→(大名栗林道他)大名栗林道起点→(広河原逆川林道他)河俣
→(県道70他)飯能   70km

赤は本日の経路 濃い灰色は既済経路

 8時飯能集合、天気予報通りの年末のような寒さですが、皆さん耐寒装備は完璧です。

飯能から名栗街道経由で大名栗林道へ 赤は本日の経路

 8:30、飯能出発。

 コンビニに立ち寄り、「飯能名物四里餅」を買い大里屋に立ち寄り、雰囲気の良さそうな裏道を目論んで看板に誘われて道を逸れると、目の前に登場したのは何と名栗川渡り。

 思わぬところでプチ担ぎになりましたが、これは後で役立つことになります。

 その後は途中まで裏道、原市場で県道70に復帰して、粛々と湯基を目指します。

湯基から大名栗林道経由で名栗湖へ 赤は本日の経路

 狙い定めておもむろに入り込んだ湯基の温泉入り口からは、しばしきりきり登りが続きます。

 谷底の杉の森を少し登って、そろそろ小休止に具合良さそうなタイミングで林道ゲートが登場。ここからいよいよ1年ぶりの大名栗林道です。

ゲートから半分ぐらい登ると景色が開ける RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9

 紅葉の進行とともに、湯基側では舗装がビミョーに進行中。

 ところどころに休憩所のあずまやが建ち、拡幅や地山側の法面整備が進んだ箇所もありました。

 ひょっとすると将来は舗装の観光林道(?)になってしまうのかもしれない、とも思わせられました。

稜線近くで拡がる眼下の山々 紅葉が見事 RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9

 そこかしこの山肌には真っ赤な紅葉が。

顔振峠辺りが見える RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9

 一瞬日差しが当たると、その色はまさに燃えるように鮮やかな色で、ちょっとだけそっち方面がウラヤマシかったです。

上下に拡がる大空間にしょっちゅう足が停まる RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9 パノラマ合成
陽が当たるグリーンライン辺りがウラヤマシい RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9

 いつも通りの落石やプチ崩落に加え、オフロードバイクの爆走によるものか随所で路面はずぶずぶの深砂利or砂。

 押しを余儀なくさせらる箇所が随所にあり、オフ全体でのパンク3名(ワタクシも)は最近では多い方です。

ガスっぽくなってきた有馬山 うーん、デンジャラス RICOH GR DIGITAL 3 GR6.0mm1:1.9

 林道後半では、有馬峠方面を完全に覆ってしまった雨っぽい雲で、まだ早い時間なのに辺りは薄暗くなり始めてきました。気温もどんどん下がっています。

 というわけで満場一致で、大名栗林道の後、名栗側のさわらびの湯に下ってしまうことに。

 無事さわらびの湯で暖まり、楽しい冬ツーリングになりました。

大名栗林道から名栗街道経由で飯能へ 赤は本日の経路

 帰りは飯能までナイトラン、その他2回の担ぎ、締めは何故かインドカレーと、かなりいろいろバラエティに富んだオフでした。

記 2009/11/29

自転車ツーリングの記録へ    Topへ

Last Update 2010/3/31
ご意見などございましたら、E-Mailにてお寄せ下さい。
Copyright(c) 2002-10 Daisuke Takachi All rights reserved.